| 江別地区会 活動方針


 

 

一般社団法人北海道中小企業家同友会札幌支部

江別地区会 2016年度活動方針

 

 2016年度、江別地区会は同友会3つの目的を中心に「企業づくり」、「地域づくり」、「同友会づくり」の活動を通して、地域において責任ある中小企業家として同友会活動を進めて参ります。同友会にできること、同友会でなければできない活動を積極的に推進し、地域にとってなくてはならない強い企業づくりを進めて参ります。

「人を生かす経営」の総合実践で、強い企業づくりをすすめます。

 

  1. 区例会は、強靭な経営体質をつくる同友会ならではの経営を主体とした学びの場です。膝を付け合わせたグループ討論を必ず取り入れ、経営指針、人材採用、社員教育、事業承継など企業経営に直結する課題を深く学びます。
  2. 110社以上の会員を良き手本とし、自己変革の姿勢を持ち、相互に資質を高め、謙虚に学び合い時代を切りひらく総合的な能力を身につけ、経営者自らが経営姿勢を正していきます。
  3. 同友会での学びを自社で実践し、社員とその家族の幸せの実現を目指し、継続的に取り組むことで魅力ある企業をつくります。

持続可能な地域づくりを考え、実践します。

  1. 地域資源の見直し、企業・大学・行政との連携を通して地域の雇用を創出する仕事づくりをすすめます。
  2. 江別の未来、ビジョンを共に描き、地域の幸せが実現できるよう中小企業振興基本条例の制定に取り組みます。
  3. 事業の持続と、地域の持続を経営の中でリンクさせ、健全な持続可能社会づくりに取り組みます。

 

会員が主役の同友会づくりをすすめます。

  1. 会員の自主的、主体的な活動を推進し、同友会の和を拡げます。
  2. 一人ひとりの会員にとって経営者の資質を高め、強靭な体質の企業づくりに役立つ運営を目指します。

以上の活動方針の具体化にあたっては、同友会三つの目的と「21世紀型企業づくり」をベースに据え、地区幹事会や各委員会で充分検討し進めて参ります。

 

| 同友会3つの目的 |

  1. 同友会は、ひろく会員の経験と知識を交流して、企業の自主的近代化と強靭な経営体質をつくることをめざします。(良い会社をつくろう)

  2. 同友会は、相互に資質を高め、知識を吸収し、これからの経営者に要求さ  れる総合的な能力を身につけることをめざします。(良い経営者になろう)

  3. 同友会は、他の中小企業団体とも提携して、中小企業をとりまく経済・社会・政治的な環境を改善し、中小企業の経営を守り安定させ、日本と北海道経済の自主的・平和的な繁栄をめざします。(良い経営環境をつくろう)

| 21世紀型企業づくり |

1に、自社の存在意義を改めて問いなおすとともに、社会的使命感に燃えて事

 業活動を行い、国民と地域社会からの信頼や期待に高い水準で応えられる企

 業。

 

2に、社員の創意や自主性が十分に発揮できる社風と理念が確立され、労使が

 共に育ちあい、高まりあいの意欲に燃え、活力に満ちた豊かな人間集団として

 の企業。

会長 挨拶

 

201647日の江別地区会総会にて地区会会長の大役を仰せつかりました株式会社 北翔の清水です。  

 

 前任の星会長が長年に渡り粉骨砕身され、ここまで成長させた江別地区会の会長をお受けすることに際し、私のようにこの江別において知名度も貢献度も薄いものが この様な重責を務めさせていただくことに正直ためらいと不安がございました。

 

 私はここ数年間、同友会の地区例会、幹事会、地区の共育連携委員会、札幌支部共育委員会、経営指針研究会、同友会大学、経営者大学などに参加させていただいた中で沢山の経営者や幹部の方と出会い、また4大学との連携によって学長を始め、沢山の教授、学校関係者の方との出会い、そしていつも我々をサポートしてくださっている同友会事務局の方々、私は皆様と接する機会に恵まれ、学ぶことの尊さと喜びを感じ、自分自身の事業意欲に繋げてまいりました。 

 

 私自身この同友会での学びによって、経営理念、経営計画を策定し運用を行い、また雇用環境改善への理念を持つことによって、会社全体がイノベーション力、行動力も活発になり、リーマンショックや3.11で落ち込んでいた企業体力も復活することが出来ました。

  

 同友会活動3つの目的 

「良い会社を作ろう」「良い経営者になろう」「良い経営環境を作ろう」 

この同友会の3つの目的と労使見解に対する健全な理念によって、企業として当然の責任である「正当で健全な利益」と「ワーキライフバランスを重んじた健全な雇用環境」を目指していけるのだと信じております。 

 

 私はこの想いに強く賛同している一人として、多くの中小小規模事業者が健全経営、健全雇用に邁進し地域社会貢献することが、社会から求められていることと思い、会長の職を務めさせていただくことを決心いたしました。

 

 まだまだ社会における中小企業のイメージは「低賃金」「ブラック企業」などと思われています。 

 

 その様なイメージを払拭するためにも「同友会の3つの目的」への取組が最も重要だと考え、江別地区の活動において目的達成のための勉強会、例会活動を行ってまいりたいと考えております。

 

 会員の皆様、先ずはしっかり地に足をつけ活動してまいりますので、勉強会、例会などへのご参加ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。